読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

仕事を進める上で1番大事なことはスケジュール管理なのかもしれない。

相変わらず、勤め先見つからず、無職です。

独りで仕事を始めてもう二ヶ月。最近感じることは仕事をする上で大事なことはスケジュール管理なんじゃないかということ。取引先は1つではなく、いくつもある。色々と同時進行しなければならないこともあるし、大型機材を借りに行かなければならないこともあれば、一日中部屋にこもって作業したり、打ち合わせに外へ出て行ったり、まあ色々大変。さらに仕事には納期がある。勤め人の時に気にするのは基本納期だけ、後は己の技術的な問題だけ。今は本当に色々考えることがあって大変。納期から逆算して考えるのは、勤め人の時と変わらない。そこに、やれあの大型機材借りに行かなきゃとか、打ち合わせは何日の何時だとか、トワルチェックは…それが1つじゃない、2つも3つもある。うまく都合良く進めば良いけれど、なかなかそうも行かない。外に出るだけならまだ楽で、そこに、当たり前の話だけれども、メインの仕事、納品する品を作る作業が入ってくる。それがなきゃ、いくら打ち合わせをしたって売上はない。当たり前の話。うまく仕事を進めるためにどうするか?技術の向上以外に考えたり試したりしていかなければ今後やっていけない。

勤め人の頃に比べて、かなり頭を使うようになった。今までの自分の仕事のやり方が如何に稚拙であったかを思い知った。落ち込む。けれど、落ち込むだけで済む話ではない。ここから進歩していかなければ、先はない。

 

人間、社会生活を営むのは並大抵のことではないね…日々試行錯誤のトライアンドエラーで迷走中