読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

無職なんだけど納期が迫ってくるよ。

納期が迫ってくる。恐ろしいほどに迫ってくる。無職のクセに一丁前に忙しく仕事をしております。それだけ経費も掛かっています。交通費、打ち合わせの飲食代。その他諸々消耗品。交通費が一番掛かっている。全てのお取引き先に出向いているので、あっちに行ったり、こっちに行ったりテンテコマイ。まあ大変。荷物も多いし、勤め人の時には考えられない。全ての打ち合わせは会社でやっていたもの。取引先は全てこちらに来てくれていた。立場逆転。出入り業者の側。御用商人。良い悪い関係なく、あらゆる立場からモノを見る経験。都合良く考えればそんな感じだ。

ほんと大変、でも仕事があるって素晴らしい。綺麗事抜きで素晴らしい。仕事するなんて、そんなの当たり前だよって言われるかも知れないが、私は一度仕事を失っているからね。当たり前のことだって素晴らしい事だと感じるのよ。好きな分野の仕事ができているかも知れないけれど。それにしたって素晴らしい。

あとは納期前に仕上げるだけ。ミスなく仕上げるだけ。

それが、とっても難しいことだったりするんだけどね…

 

さてと、仕事しよう