a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

仕事があっても無職であるということは不安です。

無職。ちょっと仕事が落ち着いたとき、自分が無職であるということに直面する。不安。「仕事があるからいいじゃないか」と言われれば、そう、良いんです。良いんですけど、本意ではない状態。私の現状を人に話すと羨ましいと言われる。よく考えて羨ましいと言っているのか疑問だ。はっきり言おう、明日どうなるのかわからない不安しかないのだ。

どうなるのかわからない不安に駆られてひたすら仕事をする。休むのが怖くなる。1つのミスも許されない。だからずっと確認作業。休むなんて怖くて出来やしない。神経張り詰めっぱなし疲れっぱなしの悪循環に陥る。怖くて仕方ない。休み下手、すなわち仕事がデキナイ人間。

これも社会復帰の課題か?上手に休む術を身につける。仕事にキリをつける。良い塩梅に「キリ良し」の状態を作り出すこと。これが難しい。でも怖くて休めない悪循環に陥っている状態で良い仕事ができるはずもない。ダラダラ仕事したって、それは徒労。良い仕事する良い男はそんなことしない。パッとやってサッと仕上げてスッと納品、もしくは、パッとやってサッと仕上げて、スッとデートに行く。これだよこれ。もっと気楽にパッとサッとスッと出来るようにならなくちゃ。重くやり過ぎてる。そんなの格好悪い。パターンとは言え、ファッションやってんだ、もっとスマートに格好良く、粋になんなきゃなんねえよ。粋な江戸ッ子気取らなきゃね。

 

西側生まれですが、お寿司と鰻は江戸前が好きです。お蕎麦は更科しか食べません。

でも、甘味は西側のものが好きです。ぜんざいは西側のものがぜんざいだと思っています。東側のぜんざいはぜんざいではないとも思っています。

 

文章を書いて少し考えがまとまってきた気がする。