a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

ネムレナイ

久々の最高の感覚のおかげか、眠れない。たぶん、いやきっと興奮状態。ハイになっているのだろう。やったことがないから、勝手なイメージだけれどアッパー系のあれをやるとこんな感じになるのだろうか?

これじゃ良くない。せっかくの最高の感覚が台無しだ。最高の感覚を味わって、今日も良い仕事したぞと思ったら、明日もまたやってやるぞと決意してバタンと眠って翌朝は早起き。

たぶんハイになっているのは、ずっと味わっていなかった感覚だったからだろう。これも訓練、もしくはリハビリ。社会復帰する為のリハビリに近い。作業は訓練、感覚はリハビリ。

 

またひとつ、乗り越える課題が見つかった。

一喜一憂、感情の振れ幅が広いというのは、あまり良くないことだ。どんなことがあろうと穏やかに過ごすということが大切だ。中庸中道。