a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

面接日

面接していただける日時が決まった。今日からちょうど一週間後、12月27日。

正直、紹介とは言え、どうなるのかわからない。以前お会いして、一緒に仕事をしたことがある方だ。全く知らない方ではない。アトリエに遊びに行ったこともある。アシスタントということだが、私はパターン専門だ。まだ話しがよくわからない。パターンメーカーのアシスタントなのか、それともデザイナーアシスタントなのか、あるいは生産管理?わからない。

その方はニューヨークの大学を出て、イタリアのメゾンでキャリアを積んだ方。かなり厳しいし、ドライだ。良くも悪くも日本的ではない。悪い人ではないのは知っている。ただ、怖い。かなり怖い。

どういう面接をするのか?どういうお話をするのか?全く見当がつかない。予想したところで仕方ないのはわかっている。落ち着いて日々を過ごすことに集中する。

アタフタしてれば、採用されるものも採用されない。最後のチャンス、前髪を掴む。

 

うまくいくといい。