読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

応募書類②

就職活動

12月11日にまた応募書類を郵送した。今日で一週間。連絡はまだない。

早くこの無職生活から抜け出したい。都会で暮らしたい。働きたい。それだけ。

しかし、応募書類を書くのは気が滅入る作業だ。薄っぺらい書類に薄っぺらい経歴。こんなもので何が判ると言うのか?採用担当者様に見ていただくものだから、一生懸命書くけれども、書類で判るとことなんて、文字が綺麗か汚いかそんなことくらいじゃないだろうか?

先日、ヨーロッパを三年間放浪していた友人が、「ロンドンじゃね、履歴書に年齢書いちゃいけないんだよ」って言っていた。その友は芸術家で少し場合が違うのもあるけれど、我が国、日本は世界基準から逸脱している島国だという事を話していた。

何が何だかわからなくなってきている。頭の中を整理しようと此処に書いているわけだが、こんがらがってるインマイブレイン。

 

とにかく私が今思うことは、私も世界基準で生きていきたいということだ。