a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

人と関わりたくない

久しぶりに書く。私の思いはタイトルの一言。

人と関わりたくない。もうしんどい。どいつもこいつも自分の都合でものを言うくせに、他人の都合は考慮しない。もう面倒だ。私は今全く休みがない。と言うことは常に誰かと関わっている。まあいいそれはそれで。必要だから。必要以上に関わりたくないのだ。やれご飯だなんだかんだ。自分の時間は自分の時間。仕事の電話だと言って朝早くから夜遅くまで掛かってくる電話。もうたくさんだ。

世間一般で言えば、時間外の仕事の電話はパワハラと言うやつだろう。なぜ私にはそれが適用されない?私は何だ?人間か?それとも家畜か?あるいは奴隷か?奴隷だってそれなりの扱いを受けているはずだ。家畜も然り。よく馬車馬のように働くと言うが、馬車馬だって人参食べさせて休ませなきゃ死んでしまうし、コンピュータだって定期的にシャットダウンしたり、再起動掛けたり、最適化してやんなきゃ使いもんにならなくなるだろうよ。私の営業時間は11時から20時まで14時から15時は休憩。その前後は自分の時間。仕事しようとも勉強しようとも勝手だ。仕事しようにも勉強しようにもひとりでいたい。私はひとりが好きだ。必要以上に人と関わりたくない。世話焼き、お節介、拘束はお断り。自由にさせてくれ、休みがないならないでひとりになれる時間を奪わないでくれ。私の邪魔をしないでほしい。いちいち指図しないでほしい。やることはやってんだ、ひとりで過ごす僅かな時間まで口出しするな。

もうしんどい。爆発寸前だ。

プレミアムフライデーってなんですか?

世間はプレミアムフライデーというやつみたいですね。もちろん私には関係ございません。本日も稼働12時間。明日、土曜日も12時間。日曜はたぶん8時間くらい。まあそんなもんですよ。今はね。今だけだと思い込む。そんな今日も大っ嫌いな京王井の頭線から更新中。うるせえ上に臭いです井の頭線。おノボリがイチビリ散らしてやがる。しばいたろか。

おかげさまで、仕事の進捗は順調。新型はあと4型。それに加えて修正にサイズ展開。あとは稼ぎがどれだけになるかが問題。そこだけが不安です。ここまでくれば仕事は仕上がる。稼ぎだ稼ぎ。単価が低いからね数こなさなきゃ稼ぎにはならない。不安に思っても仕方がないからやるっきゃない。やることがないよりゃマシ、否、幸せってもんさ、そう思い込んで過ごす。もう少しすればリッチになれるさと思い込んで過ごす。

日付が変わる前には帰れそうだ。それだけだって良し。なんとかなるさ、なんとかやるさ、うまくいくはず。

 

馬鹿野郎プレミアムフライデー

まだ火曜日ですね。

午前様と言うのでしょうか?今日も家に着くのが日付を越えてから。まったくもってなんなのか?この業種。もちろん、私は社員という立場ではないので、残業などつきません。まあ言い出したら、キリはない。ほんと。どいつもこいつも言いたい放題。私の都合なんて関係無し。言いたい放題言いやがってこの野郎。少しだけね、愚痴らせて、ここだけの話。死ぬんじゃねえかと思いながらやっていますよ、ほんと毎日。さてと、愚痴はここまで。

愚痴ろうが何しようが、やらなきゃなんないことは変わらないからね、少し愚痴られりゃ満足です。聖人君子じゃねえんだから、そりゃ思うこともありますよってな話。愚痴ったらあとは「しょうがないねぇ」なんて笑い飛ばせば良いだけの話。それにしてもまだ火曜日、もう水曜日になってるけれど、大っ嫌いな京王井の頭線で更新中。まだお休みまでひと月。なんだかhpダイレクトプラスの納期みたいだ。踊る気力も無くなってしまったよ…。

絶対リッチになってやる、使われる側から使う側に行ってやる、そう思い込んで眠ろう。まだ家まで二駅。あー長いよ…。

まだまだたくさん仕事がありますよ

月曜から遅くまで仕事をしています。週7日出勤も3週目、今週はけっこうしんどいね。朝から晩まで働いています。大毎日っ嫌いな京王井の頭線に乗っています。たぶん6月まではこんな感じでやっていくんだと思う。貧乏暇なし。今月の稼ぎがいくらになるのか?単価が低いからどうしようもないのだけれど、もうちょっと欲しいかな。しんどさに比べてもらえる額が低い。文句言ったってしょうがない。仕事できるだけよしとしておかないとね。

暗くなってもしょうがないし、明るくやんなきゃならないよね。

面白いこと探さなきゃね。