a day in Tokyo

無職の雑記帳、東京での日常、仕事、生活について考える。生活の質の向上について思うことを綴ります。

また無職になってしまった…と言っていいのだろうか?

平成30年7月1日に無職になってしまった…雇用されていたわけではないのでどう表現して良いのかわからないが、業務委託だったりフリーで仕事をしてきたので、仕事を全て断ったと言った方が良いのか…個人で下請けをやっていたからね。

私が全ての仕事を断った理由はお金だ。労働の対価というか、私自身の価値というのか…無理難題の仕事を受けて納品しても、最初にいただくのものは値引交渉。値引交渉ならまだしも、出し渋り、いい大人がゴネるゴネるゴネ通す、そんな日常に嫌気がさした。へこへこペコペコ下請け根性は私にはない。仕事をくれた事には感謝はするが、お互い対等だと思って今までやったきた。あなたが出来ないことを私が代わりにやるのだから対等でしょうと。なので労働の対価、納品したものの対価はきちんと頂きたい。無理難題押し付け、納品が済めば理不尽な出し渋り。そして、平気な顔してまた無理難題を押し付ける。その繰り返し。休みなしの低収入。低い売上、社会保険に諸々の税金。ハッキリ言えば、フリーなんてやるもんじゃない。搾取されるだけされて、使えなくなりゃ代わりがいる。脅し文句だよ、「あなた以外にも頼める人はいるんだけど」ってね。手に職、技術があれば食いっぱぐれないなんて江戸時代の話。平成最後の年にはもう通用しないよ、とくにものづくりはね。本当はそんなことじゃあ駄目なんだろうけど、それが時代の流れなんだろうね。発注元も見る目がなきゃ消費者も見る目がない。事実です。だから日本にはロクでもない洋服が掃いて捨てるほどあるんだよ。外注に出して無理難題押し付けて払うもの払わないところがまともなもの作るわけがない。

さて、愚痴不足はここまで。

自分の進むべき道が見えてきた。幸いにも採用試験をしてくれる会社がある。今はそれだけでいい。こだわって作ってキチッと商売する会社だ。まずはそこに全力で挑む、それが礼儀だ。

私はフリーには向かない。それがわかっただけでも良かったとする。もともとフリーになったのも、そうするしかなかったからね。

ケトルベルスイング1ヶ月経過。プリズナートレーニングも始めました。

ケトルベルスイングを始めて1ヶ月。ケトルベルの種目はたくさんあるが、スイングのみ。最初は12回でやっていたが、ここ2週間は15回を5セット。1日10〜15分のワークアウト。朝起きてケトルベルをスイングスイングスイング。

何か変化はあったかと聞かれれば、

  • なんとなく身体が締まってきた
  • 姿勢が良くなった
  • 肩コリ腰痛が改善された
  • 椅子から立ち上がったり、座ったりする動作がすごく楽になった
  • 中腰の姿勢でする作業が楽になった(アイロン掛け、裁断、製図なんかの作業)

パッと思いつくものはこのくらい。それでも、1日長くとも15分のワークアウトを1ヶ月でこれだけの変化があるというのはすごいことだと思う。頻度は週に6日、月曜から土曜まで。日曜は休み。私にとっては継続持続可能で無理のないワークアウトです。それに一度も筋肉痛になっていない。もうケトルベルのない生活は考えられない。おすすめです、ケトルベルスイング!

そしてトレーニングが面白くなってきたのでプリズナートレーニングを始めました。これもぼちぼちやりましょう。継続持続可能でないと意味がないからね。少しずつね。写真のようなムキムキマンになりたいわけでもないし。目的は日常生活の向上なわけだから。元気いっぱい仕事して元気いっぱい遊んでたくさん稼ぐためのカラダ作りが目的。

https://www.instagram.com/p/BecH8WJhXlL/

プリズナートレーニング#workout #book#Tokyo

 

とりあえずの今年、2018年の目標

とりあえず今年は体も心も健康健全に元気いっぱいに生活するのが目標。 

とりあえずと言うよりか、ベース、土台としての目標というのかな。きっと。仕事の目標もあるし、遊びの目標もある、色々とある。それを達成するためのベース、土台となるのは自分のカラダとココロ。

ちょっと2017年末からカラダとココロが弱っている。仕事のトラブル。そんなもの「カラダを鍛えてぶっ飛ばしてしまえ!」と思った2018年始。忙しくても続けられる事がいい。最近よく聞くサステイナブルってやつです。あ、ちょっと意味合いが違うかな?ここ数ヶ月毎日のように聞く言葉、繊研新聞に毎日出てくるこの言葉、流行り言葉ですね、話が逸れてしまった…そう、持続可能、継続可能な鍛錬、そして飽きない鍛錬、おまけに面白ければもっと良い。心肺機能と筋力一度に鍛えられればもう言うことなし。

そんな都合の良いトレーニング、ワークアウトがあるのか?ありました、ケトルベルです。

https://www.instagram.com/p/Bd9yriGhnf-/

ケトルベル#kettlebells#kettlebell#ケトルベル#今年は健康的な体に

かわいいナリしてまったくかわいくない鉄の塊。年始から振っています。まず慣れるまでは12kgのケトルベルでツーアームスイングという種目だけを12回、5セット、計60回振っています。所要時間10分かかりません。ケトルベルデッドリフトというのを準備運動に入れているので、それを合わせるともう少し長くなるけど、でもね、15分かからない。これなら忙しくとも続けられますね。詳しいことはまた後日書くとして、2週間振ってみての感想は「これいいね!」の一言。

まだ2週間、もう少し振ってみないとね。それでもイイモノ見つけた。今年からはケトルベルでカラダとココロを鍛えて健康健全、富と成功、仕事も生活も最高なものにしていく。

 

 

101記事目 2018年、平成30年

いつの間にやら2018年、平成30年だってね。2017年末はバタバタで色々あって…2018年始は何もなく早2週間経過…仕事もまだない…先月分の入金もないとんでもない状況。

 

少し頭の中を整理しよう、まず私に何があったのか

  • 毎度のことだが、私に仕事を出す依頼主が何を発注して何を発注していないか把握していない。その上、発注が遅い。
  • これも毎度のことで、工場からの出荷日は決まっている。私への発注が遅くとも出荷日は変更しない。ということは、その間にいる私に全てのシワ寄せが来る。
  • 私の営業時間関係なしの電話とLINE攻撃。30分間に10件の不在着信。LINEは既読がついて5分以内にレスポンスしないと、恐ろしいほど相手からLINEが来る。

以上はいつものことだ

が、しかし今回は私もそれに対応できなくなってしまった。毎度毎度私のところにシワ寄せが来るのに耐えられなくなってしまった。明確と言わないまでも、ある程度の仕事のスケジュールがないと仕事はもう受けられないと発注元に言ってしまったのだ。「電話で急かしてなんとか納品させる」その手法に耐えられなくなった。奴隷扱いに嫌気がさした。

平成も終わろうっていうのに、未だ昭和高度経済成長期労働スタイル。長時間労働、休日返上が美徳スタイル。そして私はフリーランスという形で働いているはずなのに、ずっと拘束されている、その取引先に。携帯電話を持っている限り、電波が入るところなら。社員1人雇うお金よりずっと安いお金で拘束している取引先。私は言った、パワーハラスメントだと。雇用関係がなくともパワーハラスメントにあたると言ってやったのだ。

 

そうこうあって今この状況

スッキリしたのかしないのか…わからない

良いのか悪いのか…わからない

 

そんなモヤモヤした状態での年末年始。

現在もモヤモヤ気持ち悪い。

先月納品分の入金はなんとしてでも払ってもらわないと。泣寝入りは絶対しない。